治療種類で比較する!

茨城AGA

クリニック・病院5選

【決定版】 本気で生やしたい人のためのAGAクリニック5選 in 茨城 » 薄毛治療を受ける前に知っておきたいこと » 薄毛の原因と生えるメカニズム

薄毛の原因と生えるメカニズム

薄毛の原因と効果的なアプローチ方法についてご紹介します。

薄毛の原因はヘアサイクルの乱れが原因

人間の髪の毛は絶えず抜けては生えてというサイクルを繰り返しています。「抜け毛が多いな」と思っても禿げないのは、また新しい髪の毛が生えてくるからなのですね。具体的にどのようなサイクルで髪の毛が生え変わっているのか見てみましょう。

成長期

毛根にある毛母細胞が活発に細胞分裂して髪の毛が成長している時期です。およそ2~6年くらいの期間で、1ヶ月あたり1cmほどのペースで髪の毛が伸び続けます。

退行期

成長期を過ぎると毛母細胞の活動が止まり、髪の毛が抜け落ちます。期間はだいたい2~3週間です。

休止期

毛母細胞がお休みする期間で、2~3ヶ月ほど続きます。この間にまた次の成長期に入るための準備が行われ、再び髪が成長する成長期に移行します。

以上のようなサイクルを絶えず行っていて、しかも毛根1つ1つが異なったサイクルで活動しているため、抜け毛があったとしても禿げないのです。

しかし、男性ホルモンの影響やストレスなどで多くの毛根のサイクルが乱れてしまった場合に、髪の毛が抜け落ちてしまってAGAとなります。

ヘアサイクルの抜け毛

ヘアサイクルの抜け毛にも、正常な抜け毛の場合と、頭皮の異常からくる抜け毛の2種類が存在してきます。

正常な抜け毛

まず、正常な抜け毛の場合の特徴なのですが、こういったパターンはヘアサイクルも正常に保たれているということがわかります。ちなみに、抜け毛の量は1日50本~100本あたりだと言われています。髪の毛自体も太くて丈夫で、長さも十分あって太さは根元から毛先までほぼ同じに保たれています。

正常な抜け毛の場合は、根元に十分な太さや膨らみが感じられ、形的に言えばマッチ棒に近いような状態になります。毛根の色も、透明に近ければ近いほど健康的な状態だと言えます。

頭皮の異常からくる抜け毛

頭皮の異常によってヘアサイクルが乱れると、抜け毛自体も柔らかくて弱々しい感じが受けて取れます。正常な抜け毛と違い、根元から毛先までの太さも同じには保たれていません。そして、1回の抜け毛で大量の毛が抜け、多い人だと100本単位で抜け落ちてしまう人もいるほどです。

それと、正常な抜け毛の形はマッチ棒のようだと上記でも説明しましたが、頭皮の異常からくる抜け毛の場合は膨らみが短く、毛根もマッチ棒のようには十分には膨らんでいません。また、毛根の色も透明が正常な状態に対して、こちらの場合は色が黒くなっていたり、皮脂の過剰分泌により白い膜状のものが付いていたりします。そういう状態になってしまったら、早めに医師などに相談する必要があります。

頭皮の以上からくる抜け毛の特徴

ということから

  • 「1日に100本以上髪の毛が抜ける」
  • 「抜け毛が細くて弱々しい」
  • 「根元から毛先までの太さが同じではない」
  • 「毛根や根元がマッチ棒のようになっていない」
  • 「毛根の色が透明でなくて黒くなっている」
  • 「毛根に白い膜状のようなものが付いている」

と言った場合はほぼ間違いなくヘアサイクルに乱れが起きていますので、一日も早い対処が必要となってきます。

ヘアサイクルを正常にするには成長ホルモンを活発にする

ヘアサイクルを正常な状態に保つためには、どのような行動をすればいいのでしょうか。

まず、成長ホルモンの働きを活発にさせることを第一に考えなければなりません。成長ホルモンとは、細胞の修復を促すホルモンであり、髪の毛を健康な状態に保つためには必要不可欠なものです。

そのためには睡眠がかなり重要であり、一般的には眠りについてから30分後から3時間ほどの深い睡眠時に成長ホルモンが分泌されると言われています。ですので、成長ホルモンを正常にさせるためには、質の高い睡眠を心掛けるということが一番の近道でもあるのです。

成長ホルモンの特徴

成長ホルモンの主な働きと言えば、体内の組織の修復と再生というのが主となります。

そして、深い眠りについている状態のときに最も多くの成長ホルモンが分泌されているのです。アンチエイジングに最も必要とされるホルモンとなりますので、同時に老化防止にも役立っています。

ちなみに、成長ホルモンが最も分泌される時間帯が夜の10時~夜中の2時頃までとされています。ですので、この時間にしっかりと睡眠を取ることが、ヘアサイクルを正常に保つ最も大きなカギとなるのです。

成長ホルモンと発毛の関係性

髪の毛というのは、毛母細胞が細胞分裂して角質化したものとなります。

要するに、成長ホルモンは髪の毛の成長や毛根の再生にも大きく影響されてくるということです。この成長ホルモンが分泌されないとなると、発毛から成長へとつながる正常なヘアサイクルも行われません。

そうなると、髪の毛の成長も止まってしまい、生え変わるはずの髪の毛も生えてこない可能性が大きくなるのです。

毛母細部の分裂により髪の毛は成長する

上記でも述べましたが、髪の毛は毛母細胞に分裂が起き、少しずつ角質化してきたものとなります。毛母細胞というのは毛乳頭細胞の周辺に位置しており、毛乳頭から酸素や栄養を送ってもらうことで髪の毛の成長を助けています。

毛母細胞の根幹には毛乳とがあり、毛乳頭は毛細血管から栄養やビタミン、水分などをもらい、毛母細胞に発毛や脱毛の指令を送っているのです。この毛乳頭の指令によって毛母細胞も十分な分泌が行われ、そして正常なヘアサイクルへとつながっていっているのです。

毛穴の構造と髪の毛の成長

毛穴のことを「毛包」と呼ぶのですが、詳しく説明すると表皮が円柱状に内部に入り込んだ部分のことを言います。

毛穴の一番下の部分には毛母細胞が毛乳頭を取り囲んでおり、毛穴を通して髪の毛の成長は起きているのです。さらに、この毛穴は毛母細胞が細胞分裂によって作り出された髪の毛を支える働きも担っています。毛穴は髪の毛を作り出す生産工場のような働きをしており、髪の毛を作るためにはとても重要な部分でもあるのです。

AGA治療には3つのアプローチが必要

AGAの治療には「髪を生やす」、「髪を育てる」、「脱毛を防ぐ」という3つのアプローチが重要で、どれか1つでも足りないと根本的な解決にはなりません。

非常にシンプルなのですが、ヘアサイクルの乱れを是正して、髪の毛を新しく生えさせて定着させる必要があります。

薄毛や抜け毛の原因

ここまではヘアサイクルについて説明をしてきました。ここからは、薄毛や抜け毛の原因というものをいくつかご紹介したいと思います。

シャンプーが原因

頭を洗う際、大体の人はシャンプーを泡立てて、指で頭皮を摩擦するように洗うかと思います。ただ、このシャンプーに含まれる強い洗浄成分が、頭皮に悪い刺激を与えていることがあるのです。この刺激により頭皮を痛めつけ、必要な油分まで取り除いてしまうことで薄毛や抜け毛につながっていくと考えられているのです。

また、シャンプーをきれいに洗い流さないとフケやかゆみの原因ともなります。後、頭皮の洗いすぎも皮脂を過剰に分泌させる恐れもあるのです。

ですので、過剰なシャンプーのやりすぎや使い過ぎには注意が必要なのです。

ストレスが原因

ストレスを溜めるのも薄毛や抜け毛に大きな影響を与えます。

ストレスを感じてしまうと血流が良くなり、全身に栄養素を流すことでストレスに対処しようとするのです。普通はすぐに戻るのですが、これが毎度続いてしまうと全身に流されるべきである栄養素が不足してしまうことがあるのです。そうなると、生きていくために必要な主要器官に栄養素を流し込もうとし、髪の毛に必要な栄養素が十分に回ってこなくなってしまします。

結果的に、頭皮に必要な栄養がないので、薄毛や抜け毛へとつながっていくのです。

遺伝が原因

薄毛や抜け毛の原因に、「遺伝」というものが大きく関わってくると言われています。

薄毛の要因の1つとして、5αリダクターゼ酵素とテストステロンと呼ばれる男性ホルモンの結合によってジヒドロステロンが生成され、このジヒドロステロンが受容体と結合することが挙げられます。

この受容体の感受性の情報が、母親から受け継ぐX染色体に受け継がれるため、薄毛や抜け毛は母親側の遺伝が強く影響されると考えられているのです。

しかし、遺伝するのは薄毛になりやすいという体質だけであり、全員が全員薄毛になるわけではありません。当然、父親側の遺伝もそれなりに影響もしてきますので、父親側の親戚などに薄毛の人がいたら、自分も十分に薄毛になる可能性は残されているということです。

紫外線が原因

紫外線によって髪の毛のタンパク質やコラーゲンが破壊されることがあります。

そうなると髪の毛も細くなり、頭皮も乾燥しやすくなってしまいます。細くなった髪の毛とその毛穴は、それ自体が薄毛や抜け毛の原因ともなってくるのです。

また、紫外線は毛乳頭細胞も刺激することで髪の毛の成長を妨げることになり、正常なヘアサイクルも乱すことになってしまいます。

HARG療法なら薄毛に効果的なアプローチができる

AGA治療では投薬による治療が行われることが多いですが、薬はあくまで「脱毛を防ぐ」という役割しかありません。

そこでおすすめなのはHARG療法。頭皮に毛母細胞を活性化する成長因子を直接注入し、ヘアサイクルを正常なものに戻す治療法なので、「髪を生やす」、「髪を育てる」、「脱毛を防ぐ」という3つのアプローチが行える、非常に効果的な治療方法なのです。

「薬を飲んでも改善しなかった」という方は、「髪を生やす」、「髪を育てる」というアプローチができていなかったのが原因だと考えられますので、HARG療法を受けてみる価値はあるかと思います。

治療種類で比較する!
茨城のAGAクリニック・病院3選

AGA治療とひとくちにいっても、症状によって必要なアプローチと、得られる効果は違います。そこで、茨城で信頼と実績のあるAGAクリニック・病院の治療内容を徹底調査。
「髪を生やす」「髪を育てる」「脱毛を防ぐ」のうち、可能なアプローチを割り出しました。

  • 毛髪率98%!茨城で唯一、
    毛髪再生療法(HARG療法)を提供

    水戸中央美容形成
    クリニック

    可能なアプローチ

    • 髪を
      生やす

    • 髪を
      育てる

    • 脱毛を
      防ぐ

    治療の内容

    茨城で唯一、毛髪再生療法(HARG療法)を提供しているクリニック。発毛率は、なんと驚異の発毛率98%!もちろん、AGA治療薬の処方も行っています。HARG療法と併用すれば、割引が適用。よりトータルでAGA治療が可能に。

    公式サイト
  • 開業から38年のベテラン。
    整形外科のスペシャリスト

    野村医院

    可能なアプローチ

    • 髪を
      生やす

    • 髪を
      育てる

    • 脱毛を
      防ぐ

    治療の内容

    プロペシアという治療薬と併せて、プラセンタと成長因子を配合した育毛剤も提供。乾燥肌を改善して、頭皮のコンディションを整える効果が期待できます。さらに、低出力レーザーで、頭皮を刺激して髪が育つ環境をサポート!

    公式サイト
  • 水戸駅直通で便利。土日も通院可能

    エクセルメディカル
    クリニック

    可能なアプローチ

    • 髪を
      生やす

    • 髪を
      育てる

    • 脱毛を
      防ぐ

    治療の内容

    プロペシアやザガーロ、ミノキシジルといった、脱毛に効果のあるAGA治療薬を扱っており、症状によって最適な処方を実施しています。さらに、光照射で血行を促進することで、毛母細胞に栄養が届きやすくなるようにしている点が特徴です。

    公式サイト